あの子の陽が あたる場所で

140では おさめきれない このきもち

大橋くんを好きになったこと 3

大橋くんを好きになったこと 2 の続き。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

そんなこんなで、毎日頭の中が、大橋くん、小山くん、太輔くん、どうしよう、どうしよう、ってなりまくっていたあの頃…

 

ついに運命の日はやってきました。

 

Kis-My-WORLDラストの東京公演。

わたしは大橋くんに出会った大阪公演初日と、東京のオーラスとを交換したため東京に向かった。

ありがたいことにどちらもアリーナだったため、今思うと本当に贅沢な悩みやけど、スタンドからも見たいなーって気持ちが強くなってきて急遽、17日も抑えました…前泊しても特にやることもなく、悩んだわたしは朝から原宿、竹下通りに向かっていた。

 

朝一ジャニショに並んで整理券を貰い、オープン前に入れた。

が…小山くんの写真を見ようが藤ヶ谷くんの写真を見ようが、全く買う意欲が湧いてこない。悩んだ挙句、なにも買わずにオープン前に「出ます。」

なんだこいつは?みたいな顔を店員さんにされつつも抜け出しわたしが向かった先…

 

そう、闇ショである…

 

大橋くんのお写真を片っ端から買い漁った…それはそれは片っ端から…だってどれも可愛い、どれもかっこいい、どれも食べた…(自主規制)

 

それはそれはにやにやして…コンサート中も太輔くんを見ては大橋くんを思い出しにやにやして…ホテルに持ち帰り…並べては…にやにやして…眺めて…写真に収めて…

 だめだ、だめだ、もうだめだわたし…

って言いながらもずーっと大橋くんのお写真を見てた。

 

運命の日。

キスマイのオーラス公演。

やっぱり太輔くんは格好よくって、可愛くって、大好きで、ああ…降りれない気がするなあ…って思いながら中盤、「ドキドキで YEEEAAAHHH!!」の太輔くんパート、

「やぁっぱそぉぉじゃああん!!!!」

が、安定の可愛さすぎて…

むううううううりいいいいむりむりむり降りれないいいいいい(発狂)

 

しかし、わたしは忘れていたのだ…彼らはオーラスに、あの曲を歌うことを…

 

『Good-bye,Thank you』

 

ダブルアンコールでステージに出てきて、聴いてください、Good-bye,Thank you…と言われた瞬間、ああ、やらかしたと思った。

 

だってもう歌詞が…

 

「もう増えない思い出だけ あれからずっと抱きしめてた」

これから彼らを応援することが減って、彼のことを考える日が減って

 「何気ない時の中で だいじなものが詰まっていた」

毎週テレビで観れることが普通じゃなくて、コンサートしてくれることが当たり前じゃない

これからはそんな生活にきっとなる

そう思うと涙が溢れて止まらなかったけど

 

「もしこの声届くなら いまこそちゃんと伝えたい サヨナラよりアリガトウ 心から言えるよ」

 

大サビを、歌って〜っていつものように言われて、全力で歌いながら、背中を押された気がして。とても都合のいい解釈やけど、ここで一旦、終わりにしてくれてるって勝手に妄想して。

 

もし、もし本当に声が届くなら、今までありがとう、大橋くんと出会わせてくれてありがとうって言いたいなって思った。

 

 

コンサートは無事に終わり、その場で友達に、「わたし、太輔くん降ります!!(号泣)」と告げました。

爆笑されつつ、「ああ、あの大阪でめっっっっちゃ見てた子に降りるのねww」と快く受け入れてくれた友達には感謝しかありません。

 

そんなこんなんで、しばらくは引きずってはいましたが、速攻Twitterを開設。

 

f:id:kazu_2h2h:20170813003038j:image

 

すっかり今のアカウントに乗り移り無事今日まで在住しております( ¯•ω•¯ )!

 

あの時は本当に悩んで悩んで悩みまくったけど、今は本当に大橋くんを好きになって、あの時降りる決断をしてよかったって思うし、これからももちろん応援していきたい。

 

なかなか浮気性なわたしですが…

 

末長く、よろしくお願いしますね、大橋和也くん( ᵕᴗᵕ )*・♡